あなたの宅配業理解を手助けする総合情報サイト

もはやAI時代!人間のいらない宅配業

宅配の現在から未来まで、あなたの理解を全面サポート

宅配は個人にとっても企業にとってもなくてはならない便利なものになっています。 その反面、宅配業者にかかる負担は増える一方です。ドライバーなどの人員不足や、ドライバーにかかる仕事の負担が大きな問題になっています。朝早くから夜遅くまで、休む暇もない配達でドライバーになる若い人が減っているのです。

次第に実用化が始まる無人の宅配業

ドローンや無人自動車による無人の宅配ということが注目されていましたが、宅配業には宅配センターから荷物の配送を管理して積み込むという仕事もあります。 工場のベルトコンベアーのように流れてくる物の種類が少ない所ではコンピューター制御による管理も比較的簡単でした。

宅配業の無人化への問題点

従来の工場などのコンピューター制御ですと、扱う部品や作業が限られていました。 ところが宅配便の配送センターでは、一個一個の品物が形状も中身も違います。従来のコンピューター制御の枠内では手が付けられませんでした。 それを現在可能にしつつあるのが、ビッグデータとAIですね。

宅配の現在と将来の展望

宅配業は、企業の運送のアウトソーシングあるいはアマゾンなどの通販の成功のために大成長を遂げました。宅配の技術や組織構造の改善がそれについてゆけなくて、苦労しているというのが宅配の現実です。

私たち利用者のカルチュアーも、そうした時代の変化に適応できなくて、再配達を何度も頼むということをやってしまうことも多いですね。現在宅配の仕事の20%くらいは、この再配達に費やされているといわれています。

こうした現状の中での宅配業の慢性的な人手不足を解消するために、いろんな改善策が研究されています。ニュースになっているのは主に宅配の最終段階と言える、お客様への配達のところです。ドローンや無人自動車を使った宅配の実用化が精力的に研究されています。現在ほとんど実用化に近いところまで行き、最後の試行錯誤が繰り返されています。ドローンが飛べば、配送センターから最短距離で飛べますから、時間がものすごく短縮できます。

安全性の問題や、対面で荷物を渡すことができないということがどういう現象を引き起こすかなどは、まだまだよくわかっていません。田舎の一軒家ではなく都会の高層住宅で、ベランダやテラスがないところではどうするかといったことも問題です。

そしてこうした末端の配送拠点からエンドユーザーまでの荷物配送ばかりではなく、配送センターでの荷物の管理から積み込みも自動化されようとしています。ここで大きな役割を果たすのが、ビッグデータを持ったAI(人工知能)です。