ホイールの申し込みがラクラク【安いこととバリエーションが豊富】

MENU

車の足回りパーツの選択

ホイール

素材による長所と短所

車のホイールを交換するとき、スチール(鉄製)ホイールとアルミホイールのどちらかを選ぶことになりますが、基本的にどちらが上、ということはありません。アルミのほうが鉄より重量が軽く、加工もしやすいため、デザインは多様で高級感があるイメージがありますが、価格面ではスチールのほうが安いため、バランスを見て選ぶ必要があります。シェアが大きいのはやはり価格が安くできるスチールホイールで、特に商用車であればほぼこちらが選択されるでしょう。固くて丈夫なため耐久性は良いのですが、反面加工が難しく、デザイン性は低くなります。そのため、新車では見目を良くするためのホイールキャップを装着していることが一般的です。一方でアルミホイールは鉄に比べて軽く、加工しやすいため多様なデザインのものが販売されており、見目にこだわるユーザーにとって魅力があります。ただ、その軽さにはデメリットとなる面もあります。車の重量を支えて安定して駆動するためには、一定の強度と重さが必要となるため、スチールホイールに比べてホイールの厚みを大きくせねばならず、その分素材の消費量も増えるため、価格は高くなりがちです。このほかにもスチールホイールは傷が入ったところから錆びやすいものの、塗装しなおすのも簡単なのに対し、アルミは錆びが生じない反面、傷が入ったとき塗装による補修が困難で交換しか選択肢がなくなるというケースもあります。このように、車の用途やユーザーの考え方によって最適となるホイール素材は変わるため、交換を考えている場合は一度ディーラーやショップに相談してみるのが良いでしょう。